MENU

喘息を抑える「市販薬」とはどういうものがあるんでしょうか?

スポンサーリンク

喘息で起こる咳というのは、つらく命に関わることがあるので、注意が必要であることは皆さんもご存じであるはずです。
特に出かけ先や出張先で喘息の発作が起こった際には、身近な病院を見つけることで苦労をするかもしれません。
今回は、喘息の市販薬に関して説明をしてみたいと思います。
まず、喘息の市販薬の作用についての前に、もしも可能であれば、医療機関でに行くことが一番安心できる方法です。
これは、市販薬に比べて、医療機関で処方される薬のほうが作用が強いため、発作に効果をもたらしやすいということがあります。
また吸入器をしようすることもでき、医師の意見を聞くことができるので安心することができます。
喘息の基本的な治療方法は、ステロイドと抗アレルギー薬に尽きるかと思います。
市販薬というのは、万人にある一定の効果があるという前提と副作用が万人に起こりにくいという前提であり、患者一人一人に合わせた処方箋ではありません。
ですので、市販薬に関しては、一時的な緩和、緊急用のものと考えていただいたほうが好ましいかと思います。
しかしながら、アレルゲンが原因である場合(花粉、塵、埃)に関しては発作を抑えることが可能なものもあります。

スポンサーリンク

「アスクロン」(大正製薬)
気管支を拡張する「メトキシフェナミン塩酸塩」という成分が入っていて、さらに痰が抑えるという作用があるものです。
「ミルコデシロップ」(佐藤製薬)
気管支を拡張して、咳を抑える成分である「dl−メチルエフェドリン塩酸塩」が入っておりなおかつ痰を抑える薬です。
「強力アスメトン」(第一三共ヘルスケア)
気管支拡張に作用する成分「メトキシフェナミン」、「アミノフィリン」が入っており、咳を抑える「ノスカピン」、アレルギーを抑える抗ヒスタミンが入っています。

 

喘息用の市販薬としては、こういったものが主に販売されており、成分などから判断するのもいいかと思います。
上記でもあるように、やはり医療機関の処方箋に比べて効果が弱いということもありますので、一時的に使用しても、医療機関に後程いかれるような対応を行うことが好ましいかと思います。

スポンサーリンク