MENU

子供の「喘息の原因」ってどういったものがあるの?

スポンサーリンク

喘息の症状というのは、できる限り、避けたいところだと思います。
特に、子供が喘息になった場合には、つらい気持ちになりますし、自分の子供が喘息で苦しんでいる姿というものを見たいという方はいないはずです。
そのためにも、原因や要因となる因子から可能な限り話すというのが効果的です。
今回は「子供の喘息が起こる原因」について説明をしてきたいと思います。
まずは、喘息というのはなぜ起こるのかということですが、喘息というのは、空気が通る場所である、気管支が狭くなることで、空気が通りにくい状況になります。
そして、咳の発作が起こるのですが、この際に、気管支の周囲の筋肉が収縮することで、気管支の粘膜に浮腫みが起こり痰が増加します。
この気管支の炎症、収縮に関しては原因があり、ちょっとしたことが引き金になり症状が起こります。
特に子供の9割の喘息というのは、アレルギーが関係しています。
その中には、ダニアレルギーやハウスダストといったものがあります。
これは、ほんのいちぶでしかないのですが、原因といわれるものはたくさん存在します。

スポンサーリンク

日常生活の中には多くのアレルギー反応を示すものがあります。
家の中では「ハウスダスト、ダニ、カビ、ペット」などがあり外出した際にも、「塵、埃、砂、植物、排気ガス、煙、」など多くのアレルゲンと呼ばれるものが存在しています。
特に多いのが、ダニ、ペット、埃といった家の中で存在しているアレルゲンです。
そのため、家の掃除には特に注意を払って行っていただきたいと思います。
また、風邪やインフルエンザ、肺炎など、こういった感染症が原因によって起こることがあります。
他にも、マラソンなどで呼吸数が増加、心肺機能に負荷がかかることで症状が起こることもあります。
そして、乾燥した空気も原因なることがあり、学校の登校時に症状が起こることもあります。
イルスによっては気道に炎症をおこし、喘息発作をおこすことがあります。かぜの予防や、かぜをひいたら早めに治療、ということも発作の予防につながります。
他にも、内外の温度差によって起こるものや、精神的な部分ストレス、疲労、睡眠こういったものが原因になることがあります。
子供のうちにの喘息というのは、比較的によい方向がに向かうことが多いので、親子でしっかりと治療に取り組むことが今後の子供にとって重要なことになるのではないでしょうか?

スポンサーリンク