MENU

アスピリン喘息に「カロナール」という解熱鎮痛剤は問題ないの?

スポンサーリンク

喘息には様々な原因があります。
主にアレルゲンが原因げ起こるものが多いのですが、中には処方箋が原因によって引き起こされるものがあります。
今回は、「アスピリン喘息とカロナール」について説明をしていきたいと思います。
カロナールという薬は、解熱鎮痛剤と呼ばれる種類に属しています。
効果の認められるものとしては、鎮痛効果、解熱、急性上気道炎(気管支炎)などに効果があるといわれています。
このカロナールというのは、作用が非常に優しい解熱鎮痛剤で市販薬で使用される成分「イブプロフェン」や「アスピリン」といった酸性の解熱鎮痛成分とはことなり。
アセトアミノフェンというものが含まれています。
このアセトアミノフェンを主成分とした解熱鎮痛消炎剤は数多く存在しており、このカロナール以外にも、「アニルーメ、アトミフェン、カルジール、サールツー、コカール」といったものがあります。
アスピリン喘息の原因として多いのが、イブプロフェンなどの成分です。

スポンサーリンク

しかし、このカロナールというのは、成分が異なるため、喘息の症状をお持ちの方にも多く使用されているものでもあります。
しかしながら、アセトアミノフェンでアスピリン喘息を引き起こす可能性はゼロではないので、やはりしようした際には、注意が必要といえます。
補足ではありますが、市販薬では「タイレノール」というものが、アセトアミノフェンを主成分としています。
このカロナールといのは、成分が異なるため、喘息のリスクが少ない薬です。
では、この薬を毎回、処方すればいいのではないの?という疑問を持つかもしれませんが、それが難しいということがあります。
それは、カロナールというのは、ほかの解熱鎮痛剤に比べ、副作用が少ないのが利点であり、妊娠中の方でも処方されるほどのものです。
しかしんがら、その分、薬としての効果が薄く、あまり痛みや熱がある場合には、その効果はあまり期待することができないということがあります。
しかしながら、喘息の症状を持っている方や、軽度な発熱や痛み、そして妊娠中の方や幼い子供にとってはある程度の効果が認められるので、使用されることが多いです。
カロナールにはメリット、デメリットがあるということを理解しておくようにしてください。

スポンサーリンク