MENU

喘息の時って「何科」がいいのでしょうか?

スポンサーリンク

喘息の症状に悩まされている方というのは、数多くいらっしゃいます。
また呼吸が苦しくなるという症状があったりとさまざまです。
呼吸が苦しいことで多いのが、気管支炎喘息ですが、この際に「医療機関の選択」についてわからないと方が結構悩まれている方がいらっしゃいます。
まずは、喘息時にはどのような医療機関、科を選ぶのが好ましいのかというと、子供であれば、小児科を受診すれば基本的には問題はありません。
またほかにも、子供から大人を問わずに受診しても問題がないのが「呼吸器科」というものになります。
また、「アレルギー科」とあまり数は多くはないものの、このような場所を選択することで喘息に関してより迅速に対応していただけます。
なぜアレルギー科が該当するのか?問うことで不思議に思う方もいるかと思いますが、基本的に、喘息の多くはアレルゲンによって引き起こされる炎症により起こる咳であるため、アレルギー科も該当します。

スポンサーリンク

また血液検査を行うことで、自分が何に対してのアレルギーを持っているのか知ることもできるため、一度、自分の身の回りにある喘息に対してのリスクを知ることもできます。
補足ではありますが、もしも咳が続いて熱がある場合には、喘息である可能性が低く、「肺炎、結核、肺がん」などが考えられます。
この場合には、呼吸器科や内科での診療を行ってみてください。
病院に行った際には、レントゲンにより、肺の病気や心不全といった異常がみられないかという検査、また血液検査によって、炎症、アレルゲンを調べることになるかと思います。
また呼気中の「一酸化窒素」を測定することが多いのですが、これは喘息発作時に、一酸化窒素が高くなると言われており、測定しMOSTという検査で呼吸抵抗を調べます。
気管支喘息には定義があるのですが、それは「一時的な気道の狭窄があり、それが自然もしくは治療によって改善する」というものです。
これは、どういうものかというと、喘息の症状が起こる際には、気管支が狭くなります。
そのため呼吸が苦しくなり咳がより発作的に強く出るというものなのですが、この際に治療薬として、「気管支拡張剤」というものを使用します。
この使用によって、気管支が広がり呼吸が楽になるのですが、この治療薬を使用しても気管支が元の状態に戻らないということがあります。
この場合には、肺の異常である「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」というようなことが判断されます。

スポンサーリンク