MENU

喘息の発作が起こる「前触れ」みたいなものってあるの?

スポンサーリンク

喘息といえば、咳が発作のように起こるのは、ほとんどの方が知っているはずのことではあるかと思いますが、この「喘息発作の前兆」というのはあまり知られていないのではないかと思います。
今回は、そんな前兆、予兆について説明をしてきたいと思います。
最初は前兆として、感じることについてです。
「鼻水、くしゃみ、鼻づまりがある、のどに違和感、咳の回数が増える、息苦しくなる、微熱がでる」
子供特有な発作としては、「落ち着きがなくなる、熱が出る、 咳払いをする、機嫌が急に悪くなる、涙目になる」といったことがあります。
続いてが、要因についてですが、最初に大きな枠組みでの説明になりますが、「季節の変わり目」に発作が起こることが多いです。
特に多い時期というのが、9月から11月と秋口になります。
これは、気圧の変化による冷え込み、ハウスダストなど空気の乾燥による飛散が起こるためです。
また「就寝中」も発作が起こりやすいです。
これは睡眠中にはステロイドホルモンの分泌量が低下するために気管支が収縮しやすくなっています。

スポンサーリンク

「天候に変化」でも発作が起こります。がこれは、気温、湿度、気圧などが急に変わることで発作が起こります。
続いてが、経験されている方が多いのが、「運動」です。
運動をすることで、気管が刺激されてしまいます。
これによって、喘息発作を誘発してしまい、多くの方が発作を起こしています。
また、これは激しい運動でなくとも発作が起こることがあります。
あまり知られていないものとして「飲酒」があるのですが、こちらはアルコールを分解する際に発生するアセトアルデヒドという成分により、気管支が刺激され発作が起こります。
そして、「疲労、過労」こちらも発作が起こる原因として多いのですが、この疲れの時には、アレルギーの反応が強く出ることがあり、結果的に喘息の症状が起こります。
続いてが女性特有ですが、「月経」でからのホルモンバランスが崩れて、発作が起こることがあります。
そして、最後は「ハウスダスト」これは人ことで言ってもダニ、埃、塵それ以外にも多くの原因があり、ちょっとむせただけでもその後発作が起こることがあります。
ちょっとでも、これらの原因に該当して、咳がでたら、治療薬の準備や万が一に備えた準備を行うようにしてください。

スポンサーリンク