MENU

気管支炎喘息(咳喘息)の治療方法ってどうやるの?

スポンサーリンク

咳がいつまでも続いて全然治らない?もしかしたら、肺の病気や大きな病気になってしまったのではないか?ということで不安になってしまった方も多いのではないでしょうか?
風邪が治って咳だけがいつまでも残ってしまい、市販薬を使用しても一向に症状が改善s内ということがあったりします。
今回はこのような、症状の原因となる「気管支炎喘息」の治療方法について説明をしてきたいと思います。
別名「咳喘息」といも言われており、人によってはこちらのほうが馴染みのある名称ということもあるかも知れません。

 

原因は何?

 

 

1.アレルギー物質

そもそも、この気管支炎喘息というのは、アレルギーをお持ちの方に多いとされています。
アレルギーにより気道が炎症を起こし、咳喘息を発症することがあります。
原因は人により非常に幅広く、塵、埃、ハウスダストや花粉、排煙など実に多く存在します。

2.喫煙や風邪

慢性閉塞性肺疾患と呼ばれる慢性気管支炎の原因といわれるのが喫煙です。
煙が気管支を通過する際に、刺激を与え、なおかつ炎症を引き起こす原因となります。
そのため喫煙者には多く慢性気管支炎の方が見られます。
また、風邪が原因の場合には風邪によって弱った気道に細菌、ウイルスが感染することで発症します。

スポンサーリンク

 

3.ストレス

これは、意外と感じる方もいるかと思いますが、実は関係があるとされています。
これは、ストレスにより自律神経に負担がかかることで異常が発生します。
またホルモンバランスの異常が起こり、体調に異変が起こることがあります。
他にもヒスタミンといった物質が(痒みの原因でもあります)気道を刺激して炎症を起こすことがあります。

 

治療法とは?

 

これらの治療方法ですがいくつか存在しております。症状により対処方法がことなります。
気管支拡張剤

気管支炎喘息には市販薬や抗生物質を使用しても効果が出ないことがあります。
これは、「気道がせまくなっている」という理由が一つあるためです。
そのため、気管支拡張剤をしよすることで、呼吸の改善や炎症の改善を行います。

ステロイド吸入

気道を拡張するだけでは実際には呼吸は楽にはなるのですが、症状の完全回復とはいいがたいです。
そこでステロイド吸引を行います。
副作用を懸念されている方も多いのですが、実際には、吸引されるステロイドの量というのはごく微量とされており、副作用が起こることが少ないといわれています。
もしも異常があれば医療機関で相談をしてみてください。

このような方法で気管支炎喘息、咳喘息というのは治療を行います。

スポンサーリンク

関連ページ

気管支炎の症状は「うつる」?「うつらない」?どっちなの?
慢性気管支炎が完治ってすることができるの?
気管支炎の併発する原因と症状の病気とは?
気管支炎ってなに?症状や治療方法について!
幼児や子どもの気管支炎の症状と治療方って?
気管支炎に日本緑茶の効果や作用ってあるの?
気管支炎を予防する食べ物や飲み物ってあるの?
気管支炎で使用される薬、抗生物質はどのような種類があるの?
気管支炎の薬が効かない原因ってなに?
気管支炎は病院は何科を選ぶのがいいの?
気管支炎は副流煙との関係はあるの?
気管支炎は病院や医療機関は何科がいいの?
気管支炎の治療「抗生物質」の副作用って?
気管支炎で微熱が続く場合の対処について
気管支炎の症状で高熱が長引くことがあります!
気管支炎が原因の熱が上がったり下がったりする症状はなぜ?
大人の気管支炎で熱の症状が出たら?
気管支炎で「熱が出ない」症状とは!?
気管支炎と熱が下がらない原因ってなに!?
子供の気管支炎と薬の種類ってどんなものがあるの?
気管支炎を早く治す方法って何かあったりしますか?
急性気管支炎に食べ物・飲み物は何がいいの?
気管支炎と動悸という症状ってあるの?
気管支炎の「息苦しい」対処方法とは?
気管支炎の治療で点滴を行う事ってあるの?
胸の痛みの症状の原因って何?
気管支炎の症状が続く期間ってどれくらい?
気管支炎で血痰がでる症状の原因って何でしょうか?
気管支炎の症状チェックでは類似する病気がたくさんあります!