MENU

幼児や子どもの気管支炎の症状と治療方って?

スポンサーリンク

気管支炎といえば、気管支が炎症を起こす病気です。
この病気は風邪やアレルギーなど原因が様々あり、原因により症状が異なります。
さて、この気管支炎ですが、決して大人だけの病気ではありません。
年齢関係なく症状をお越します。
主に、風邪が原因で発症することがあるのですが、子供や幼児の場合に免疫力が大人に比べてまだ、発達途中ということもあるため、症状が起こることが発症するリスクも上がります。
風邪がによって喉や気管支というのは、刺激を受けるのですが、刺激を受け続けることで炎症を起こします。
そして、この際に今ままで風邪あったために体力、免疫力の低下が起こります。
また気管支も同じく弱ってしまうことでそこで細菌やウイルスが入り込むことで気管支炎を発症します。
咳が長期間続く場合には、気管支炎である可能性があるので医療機関で検査を行ってみてください。
さて、大人であれ子供であれ症状を改善、治療するためには処方箋を使用することになります。

スポンサーリンク

子供と大人でもあまり治療方法には違いはありません。
まずは咳止めを使用することがあります。
原因によっては、咳を止めることで原因菌やウイルスといった本来であれば異物であるものを排出する必要がある場合があるので、使用しない場合もあります。
また、痰の排出を抑えてしまう可能性がありますので、咳止めの使用を控えて「去痰薬」というものを使用することがあります。
さらに、炎症によって気管支が狭まってしまっているので、「気管支拡張剤」をしようし、呼吸を楽にします。
そして、「ステロイド吸引」を行うことで炎症を納めることになります。
また原因となるものが、確実にわかっている場合には抗生物質による治療を行うことになります。
また気管支炎の症状がより進行することで「肺炎」になることもあります。
これらはレントゲンによる判断になることがあり、胸部に白い靄があるかどうかで気管支炎もしくは肺炎の判断を行います。
これらは、急性気管支炎、通称「咳喘息」の治療になります。
慢性の場合にはまた違う方法になりますが、子供、幼児の場合には大体が急性であるため今回は急性による治療方法をご説明いたしました。

スポンサーリンク

関連ページ

気管支炎の症状は「うつる」?「うつらない」?どっちなの?
慢性気管支炎が完治ってすることができるの?
気管支炎の併発する原因と症状の病気とは?
気管支炎喘息(咳喘息)の治療方法ってどうやるの?
気管支炎ってなに?症状や治療方法について!
気管支炎に日本緑茶の効果や作用ってあるの?
気管支炎を予防する食べ物や飲み物ってあるの?
気管支炎で使用される薬、抗生物質はどのような種類があるの?
気管支炎の薬が効かない原因ってなに?
気管支炎は病院は何科を選ぶのがいいの?
気管支炎は副流煙との関係はあるの?
気管支炎は病院や医療機関は何科がいいの?
気管支炎の治療「抗生物質」の副作用って?
気管支炎で微熱が続く場合の対処について
気管支炎の症状で高熱が長引くことがあります!
気管支炎が原因の熱が上がったり下がったりする症状はなぜ?
大人の気管支炎で熱の症状が出たら?
気管支炎で「熱が出ない」症状とは!?
気管支炎と熱が下がらない原因ってなに!?
子供の気管支炎と薬の種類ってどんなものがあるの?
気管支炎を早く治す方法って何かあったりしますか?
急性気管支炎に食べ物・飲み物は何がいいの?
気管支炎と動悸という症状ってあるの?
気管支炎の「息苦しい」対処方法とは?
気管支炎の治療で点滴を行う事ってあるの?
胸の痛みの症状の原因って何?
気管支炎の症状が続く期間ってどれくらい?
気管支炎で血痰がでる症状の原因って何でしょうか?
気管支炎の症状チェックでは類似する病気がたくさんあります!